どんなもの?

ASPというのは、インターネットを通じて、アプリケーションを提供するプロバイダサービスのことです。
インターネットについてはいまさら説明する必要はないでしょう。アプリケーションというのは、目的に応じて使われるソフトウェアやプログラムのことを言います。ちなみにこれに対して、コンピューターの様々なことを管理するソフトのことをオペレーティング・システム(OS)といいます。
プロバイダというのは、インターネットに接続するサービスを提供する会社のことを言います。

3つ合わせてASP、アプリケーションサービスプロバイダとなるわけですが、近年このASPを使って、インターネット接続を通じて行う勤怠管理に注目が集まっています。
というのも、タイムカードを利用した勤怠管理よりも労力が少なく、タイムレコーダーを使った方法よりも簡単で投資が安いというメリットが有るため、勤怠管理に使う時間や労力を少なく押さえることが出来るからです。
うん? どういうこと? 他の方法に比べて何がいいの? とおもわれるのも当然です。ここでは、タイムカードやタイムレコーダーに対して、ASPを使うことで勤怠管理がどう楽になるか、便利になるか、少し紹介して行きましょう。



電気工事の技術を磨いて、一端の技術者として活躍したいという人も、施工管理 求人でアナタに合った新しい居場所が見つかるかもしれませんよ!


What's New

2013/02/26
最新情報3を更新。
2012/11/20
最新情報2を更新。
2012/10/17
最新情報を更新。
2012/6/27
なぜ選ばれるのかを更新。
2012/6/27
ポイントを更新。
2012/6/27
利用するとおトク?を更新。
2012/6/27
他の方法を更新。
2012/6/27
勤怠管理をASPで手軽にしようを更新。
2012/6/27
ホームページリニューアル

Recommend Entry

正確な管理

勤怠管理というのは、従業員の大事な働いた記録です。これがずさんな管理だと色々な面でマイナスになることは多いでしょう。そうならないためにも管理が行き届いたシステムを導入することが大事なのです。

楽しよう

勤怠管理は、事務職の手を大いに煩わせる複雑な仕事。計算するときには、ほとんどそればかりになって、他の作業がマトモにできなくなることも多いですよね。ASP導入で楽にしちゃいませんか?

これ一つで全てOK

勤怠管理なんていちいち一人でやってられないですよね、そんな時はASPです。これさえあればそんな苦労もひとっ飛び。全ての情報が簡単に閲覧できるのです。さあこれで仕事の効率もグッと上がるんじゃないでしょうか?